日本のミケランジェロ
石川雲蝶を探求する

日本のミケランジェロ 石川雲蝶とはどんな人物だったのか

石川雲蝶は、幕末から明治初期かけて新潟県で活躍した彫物の名匠です。

県内の寺院などに色鮮やかで躍動感溢れる木製彫刻を数々残しました。

その力量は木彫り作品だけでなく石彫刻や絵画、寺院の設計など多種多様で、現在も県内には1,000点以上の作品が現存しています。

  • 石川雲蝶
  • 石川雲蝶

 

石川雲蝶(本名:石川安兵衛)は1814年(文化11年)に、現在の東京の雑司が谷に生まれました。

弱冠20歳前後で江戸彫石川流の奥義を窮め、苗字帯刀を許されたといわれています。

新潟県へ移り住んだのは32歳頃で、三条の金物商・内山又蔵に説き進められたことで移住を決意したと伝えられています。

その後、三条を拠点に近隣で制作活動をしているうち、内山氏の世話で三条の酒井家の婿となり、越後人となりました。

石川雲蝶の住まいや菩提寺である本成寺は焼失しているため、彼自身の写真、似顔絵、性格など記録に残るものありません。

しかし、作品が素晴らしさを通じて人としての石川雲長はとてもミステリアスで魅力的な存在です。

作品にふれて「雲蝶とはいったいどんな人だったのだろう. . .」と思いをめぐらすことはとてもロマンがあり雲蝶作品の楽しみ方のひとつになります。

  • 石川雲蝶

 

石川雲蝶の作品を巡る

魚沼市内には石川雲蝶の手がけた作品が残る寺院が2つ存在します。

石川雲蝶との関係が深く、雲蝶の功績や生前のエピソードなどを窺い知ることができます。

 

【永林寺】 

  • 石川雲蝶 永林寺
  • 石川雲蝶 永林寺

石川雲蝶が魚沼市へ来るきっかけとなった縁ある寺院。

当時の住職である弁成和尚が、石川雲蝶の腕に惚れ込み、「あなたが勝ったら制作した対価の金銭を支払い、私が勝ったら永林寺の本堂一杯に力作を手間暇惜しまず制作する」という大きな賭けを持ちかけました。

結果は弁成和尚が勝ち、1855年(安政2年)に石川雲蝶はこの永林寺にやってきたと伝えられています。

寺に寝泊まりしながら本堂の建て替えを行った石川雲蝶は本堂の設計から各種彫物など様々な作品を13年もの歳月をかけて制作しました。その数はなんと108点にものぼり、現代に受け継がれています。

 

永林寺の詳細はこちら→永林寺

 

【西福寺(開山堂)】

  • 石川雲蝶 西福寺(開山堂)
  • 石川雲蝶 西福寺(開山堂)

当寺の住職蟠谷大龍和尚が、すでに三条で本成寺や栃尾の貴渡神社に彫刻を施し活躍している石川雲蝶の噂を知り、招き入れて設立された西福寺の開山堂。

開山堂にかける熱き仏道心を大龍和尚が語れば、雲蝶はその思いをよく理解し、彫刻という形にして見事に表現しました。

石川雲蝶にとってもこれだけの大きな仕事を一人で任せられるのは初めてのことで、これをきっかけに彫刻家として大輪の花を咲かせていることから、大龍和尚との出会いは雲蝶の人生に大きな影響を与えたとされています。

開山堂の大作を機に、あちこちから依頼がかかり、雲蝶は越後の名匠となっていきます。

 

西福寺(開山堂)の詳細はこちら→西福寺(開山堂)

 

【雲蝶作品の残る県内施設】

地区 名所 見どころ
三条市 本成寺 向拝の老人と鯉の彫刻、雲蝶の墓が建てられています。
石動神社 向拝の龍の彫刻、拝殿欄間など晩年の作品が多く残されています。
長岡市 貴渡神社 社殿全体を埋め尽くす彫刻。中でも養蚕の作品は当地の面影を残しています。
林興庵 本堂の須弥段左右にある獅子頭や欄間の唐獅子牡丹などが残されています。
秋葉三尺坊大権現 奥の院の社殿にある烏天狗と若武者などの作品が残されています。
新潟市 佛興寺 千羽鶴や枡組の獏などの多くの作品が残されています。
燕市 本徳寺 向拝の獅子頭と波と亀の彫物の獅子頭には雲蝶の署名が残されています。
加茂市 十二神社 向拝の柱上部や横木の先端、脇障子落款などに作品が残されています。
南魚沼市 穴地十二大明神 源頼政の鵺退治などの未完成作品が残されています。
長恩寺 ※非公開
龍谷寺 獏や麒麟、雲蝶が好んだ唐獅子や牡丹などが残されています。
湯沢町 瑞祥庵 桜門の仁王像の迫力は圧巻です。

一般公開されていない施設も含んでいます。 拝観料を定めていないお寺もありますので、拝観の際はお志を添えて拝観・お参りして頂くことをお勧めします。

 

魚沼市内及び新潟県内の石川雲蝶施設マップ

 

新幹線や電車などの公共交通機関を利用して石川雲蝶の作品を巡る際には、予約不要で当日利用可能な「駅から観タクン」がおすすめです。

お申込みに関する詳細はこちら→駅から観タクン

 

ガイドと行く石川雲蝶(雲蝶ガイド)

  • 石川雲蝶ツアー

石川雲蝶の作品や石川雲蝶について、より深く知り、楽しみたいという方は石川雲蝶を知り尽くした地元ガイドと巡るのがおすすめ!

作品の詳しい説明を聞くことで、また新たな発見があるかもしれませんよ。

お申込みに関する詳細はこちら→石川雲蝶ガイド

※団体、個人問わずガイドを手配することが可能です。
※日によっては手配できない場合もございます。あらかじめご了承ください。