越後駒ヶ岳【日本百名山】

  • 越後駒ヶ岳【日本百名山】

八海山、中ノ岳とともに越後三山の一つとして知られる越後駒ケ岳。季節ごとにその表情を変える雄姿は魚沼のシンボルとして登山者を魅了しています。
特に秋の紅葉時期は、毎年多くの登山客が訪れています。

 

越後駒ヶ岳


見どころ情報

一番人気の紅葉シーズン。登山口から山頂へ向けて登るごとに移ろう色鮮やかな紅葉は、登った人にしか味わえない絶景です。
この景色を求め全国各地から多くの登山者が訪れます。


 

見どころ情報

登山口の一つ「枝折峠(しおりとうげ)」では、奥只見湖で発生した雲が山の尾根を越えまるで滝のように流れ落ちる「滝雲(たきぐも)」という自然現象が見られることも。寒暖差の大きい秋は滝雲のベストシーズンとなり多くのカメラマンも訪れます。


越後駒ヶ岳


 

詳細情報

標高 2,002.7m
所要時間 【駒の湯登山口より(小倉山経由)】
上り約6時間/下り約5時間
【枝折峠登山口より(明神峠・小倉山経由)】
上り約6時間/下り約5時間半
登山口 (1) 枝折峠登山口
(2) 駒の湯登山口
(3) 銀山平登山口
(4) 水無川コース
※水無川コースは南魚沼市の管轄になります。詳細は南魚沼市ホームページをご覧ください。
駐車場 (1) [枝折峠登山口] あり(約50台)
※駐車場が満杯になった場合は、路上駐車をせず、山頂前後の退避スペースに駐車。
(2) [駒の湯登山口] あり(約5台)
(3) [銀山平登山口] なし
トイレ (1) [枝折峠登山口] あり
(2) [駒の湯登山口] なし
(3) [銀山平登山口] あり
水場 あり
駒の小屋すぐ脇:1カ所
駒の小屋近く:1カ所
※水場は使えなくなる場合もあります。十分な飲料のご用意をお勧めします。
山開き 山開き情報はこちら
おすすめ情報 条件がそろうと道中の奥只見・銀山平方面には、雲海と雲が滝のように流れ落ちる滝雲という自然が生み出す絶景を眺めることができます。
注意事項等 最も一般的なコースは、明神峠で「銀の道」と交差しているので間違えないようにご注意ください。