勝利乃田で田植え~雪室見学~見晴らしの湯こまみ入浴

勝利乃田
今年もやってきました!「勝利乃田(しょうりのた)」

内藤哲也選手
今年は内藤哲也選手が来てくださいました!

稲
機械で植えきれなかった所に手作業で稲を植える「補植」を体験していただきました。

補植1
田んぼの先生こと「荒井さん」よりレクチャーを受けます。
熱心に説明を聞く内藤選手。

補植2
内藤選手「このへんですか?」
荒井さん「おーおー(そこそこ)」

補植3
しかし、このゴム長靴だと田んぼに埋まって動けなくなってしまい…
見かねた荒井さんが田植え用の長靴を持ってきてくれました。
(写真:プロレスラーの力をもってしても田んぼから上がることが出来ません。)

田植え4
履き替えいざ田植え…といきたいところですが、この長靴でも進むのが大変!
足をとられてなかなか前に進みません。
先生は陸地と変わらず(むしろとても速く)すいすいと先に進みます。
さすが田んぼの先生、経験値が違います。

コシヒカリで一服
田植えの後は、魚沼産コシヒカリで一服。
荒井さん「魚沼産コシヒカリの特徴はねばりにある。もちもちするでしょう?」
内藤選手「はい、ビックリするくらいもちもししてて、これ大丈夫かな…っていうくらい…」
荒井さん「そうでしょう、炊き方によってはもち米のようになるんですよ」
内藤選手「へー!」

ケーブルテレビ取材
この後地元ケーブルテレビと新聞社の取材を受けました。
荒井さんも交えて終始和やかな雰囲気でした。

ここで荒井さんとはお別れしてJA北魚沼の雪室貯蔵米の雪室見学へ。
荒井さんありがとうございました!

JA北魚沼 利雪型米穀低温貯蔵施設
「勝利乃田」から車で5分…JA北魚沼「利雪型米穀低温貯蔵施設」へやってきました!

JA北魚沼 マネージャー橋本さん
JA北魚沼販売マネージャー橋本さんから案内していただきます。
橋本さん「この先にあるシャッター奥に雪が貯蔵されています」

見学開始
内藤選手「あれですね!」

シャッター…ガラガラ…

雪室1
内藤選手「おお!!」

雪室2
内藤選手「お…おお……(ブルブル)…」(白い息)
橋本さん「ここ(室温)は2℃です」(白い息)

雪室3
橋本さん「冬に1500トンの雪をこの室に格納します。雪といってもほぼ氷の塊
なので、徐々に溶けますが次の冬まで残っていますよ。
ここから温度調整の機械を通して貯蔵庫に送風します。」

温度調整1
~この機械で温度調整を指示します~

温度調整2
橋本さん「ここ(上の白いやつ)を通って貯蔵庫に送風されます。」
内藤選手「へぇー、じゃあ電気を使うのは温度調整だけなんですね。」
橋本さん「そうなんです!通常に比べて約76%もCO2を削減しています。」

雪温貯蔵庫
◆雪温貯蔵庫(せつおんちょぞうこ)室温:5℃ 最大318トン(5300俵)収容
最高品質の北魚沼産コシヒカリを収穫時の鮮度をできるだけ損なわないように保管できる倉庫です。
橋本さん「冷気は天然の雪なので電気を使った温度調整とは違い通年一定の温度で米を
貯蔵できるので、米にストレスを与えないので新鮮な状態を保つことができます。
米にストレスがかかるとうまみを損ねる成分が増えてしまいます。」

低温貯蔵庫1
◆低温貯蔵庫 室温:13~15℃ 最大1440トン(24000俵)収容 ×2室
この倉庫が一番大規模なものになり、写真はごく一部です(普通のカメラでは入りきりません!)
あまりの量に「すごい!」「やばい!」と一同にどよめきが起こりました。
※積まれているのは先ほどの米袋(10Kg)と同じ米袋です。

低温貯蔵庫2
収穫期には満杯になり、ほぼ消費されてしまうそう…さすが魚沼産です。
呆然と棚を見つめる内藤選手…。
(棚の数字をよく見てください、上の写真とは違う棚です)

低温貯蔵庫3
業者用の1トンの米袋を持ち上げようとする内藤選手。
内藤選手「これ一つを一人で食べるとしたらどれくらいかかるんですか?」
橋本さん「そうですね…(色々と食べる量の平均などから試算)…約25年分ですね。」
四半世紀分のご飯をカバーできるとは感慨深いですね。

橋本さんいわくこの施設で管理しているのはごく一部のお米だそうです。

ここで橋本さんとは別れ(橋本さんありがとうございました!)
旅の終着地「見晴の湯こまみ」さんへ向かいます。

見晴の湯こまみ1
JA北魚沼から車で約5分、地元でも人気の日帰り温泉施設「見晴の湯こまみ」さんに到着。
受付には先の大会でいらっしゃった選手の写真も飾られています。
(どの選手かは、是非お越しいただきご自分の目でお確かめください!)

見晴の湯こまみ2
見晴の湯、とつくだけあって展望は最高です!
内藤選手の目線の先には越後三山が悠々と並びます。

鍛え抜かれた内藤選手の上腕三頭筋が自然によく映えます!
内藤選手の大臀筋が見れるのはレアなのでは?
(もう一方にも露天があり男女は定期的に入れ替わります。)

見晴の湯こまみ3
内藤選手、お忙しい中ありがとうございました!