尾瀬のようす [尾瀬沼編] 

皆さんついに6月4日に尾瀬の山開きとなりましたね!!

すでに尾瀬に行ってきたという方もいるかと思います。

 

先日6月3∼4日に一泊二日で尾瀬沼に行ってきました!

 

これから尾瀬に行く!という皆様へ現在の尾瀬のようすをお伝えします!!

魚沼から行く尾瀬についてはコチラをご覧ください。 ⇒⇒⇒ 魚沼 ⇒ 尾瀬ルート

 

今回の行程はこちらです。

一日目:

奥只見ダム 〈船〉⇒ 尾瀬口船着き場 〈バス〉⇒ 沼山峠 〈徒歩〉⇒ 大江湿原 ⇒ 三平下 ⇒ 尾瀬沼東岸 長蔵小屋 泊

二日目:

尾瀬沼東岸 ⇒ 沼尻 ⇒ 白砂田代 ⇒ 沼尻 ⇒ 尾瀬沼東岸ビジターセンター ⇒ 大江湿原 ⇒ 沼山峠 ⇒⇒⇒奥只見ダム

 

一日目

奥只見ダム ⇒〈船〉⇒ 尾瀬口船着き場

  

奥只見ダムから船で尾瀬口船着き場へと向かいます。

ダム湖は新緑が美しく心地いい風が気分を盛り上げてくれますよ!

天気が良く、風が少ないと湖面が鏡のように見える写真も撮ることが出来ます!

荒沢岳(右写真中央 標高1969m)も綺麗ですね!

 

尾瀬口船着き場 ⇒〈バス〉⇒ 沼山峠

 

船の次はバスに乗ります!

道中ではブナの原生林を高台から望める場所も!

ビューポイントではバスが徐行してくれます。

大自然の迫力に気分も高まりますね!!

 

沼山峠 ⇒〈徒歩〉 ⇒ 大江湿原

 

いよいよ沼山峠に到着です!

私たち以外にもたくさんの人が!! 

入山前はしっかり体操を行いましょう。体がほぐれたらいざ出発!

沼山峠にはまだ雪が残っていました。

残雪を踏み抜いて足を挫いたり、濡れた木道で滑って転倒する危険がありました。

撮影したのは6月3日ですが、現在もまだ雪が残っている可能性があります。

 

 

バスを降りて一時間弱、ついに森を抜けて大江湿原に到着です!

天気も良く一面に広がる湿原を見ると毎回圧倒されますね!

大江湿原には水芭蕉と小さくリュウキンカの姿も。

水芭蕉は仏炎苞(白い部分)が茶色になっているものもありましたがまだまだ楽しめます!

 

大江湿原の花々はまだ小さく探すのも一苦労です。

私が見つけた花は水芭蕉・リュウキンカ・タテヤマリンドウでした。

花を探しながら歩くのはとても楽しいですよ!

 

この日は三平下まで行き、引き返して尾瀬沼東岸の長蔵小屋にて一泊です。

尾瀬沼東岸~三平下間も若干の残雪がありました。

 

二日目

 

AM5:00 尾瀬沼。

徐々に日が昇り朝靄が晴れだす時間。聞こえるのは鳥の声だけ。

尾瀬で宿泊するとこの至福のひと時をゆっくり味わえます。

 

尾瀬沼ビジターセンター近くの水芭蕉は見頃となっていました。

 

尾瀬沼東岸 ⇒ 沼尻 ⇒ 白砂田代

沼尻まで向かう道もまだ雪がありました。

途中で木道を外れて残雪の上を歩くような場所もあります。転倒や踏み抜きにはご注意ください。

森を抜けると沼尻平が広がります。

正面に見える燧ケ岳(標高2356m)も映える絶好の写真スポットです!

 

白砂峠の手前まで行きそこで引き返しました。

尾瀬ヶ原の様子については後日「尾瀬のようす 尾瀬ヶ原編」にてお伝えします。

 

尾瀬沼ビジターセンターにて昼食を取り、新潟へ帰ります。

 

尾瀬はこれから様々な種類の花々が咲き出します。

次はニッコウキスゲの季節(7月)に来たいですね!

 

今後も尾瀬の情報をどんどん皆様にお伝えします!

魚沼から行く尾瀬についてはコチラをご覧ください。 魚沼 ⇒ 尾瀬ルート

 

 

ネイチャーガイドと行く尾瀬 ツアー募集のお知らせ

 2019ネイチャーガイドと歩く尾瀬

 

尾瀬を知り尽くしたネイチャーガイドと行く尾瀬ツアーを募集中です!!

このツアーは日帰りツアーですが、尾瀬の魅力を存分に味わうことが出来ますよ!

 

6月7日現在、6月22日(土)出発ツアーは出発決定!7月15日(月祝)出発ツアーはあと少しのお申込みで出発決定です!

 

たくさんの皆様のお申込みをお待ちしております。