最新!!尾瀬情報

昨日5月18日現在の尾瀬の様子ご紹介します!!

 

御池~沼山峠間は車両規制の為、シーズン通してシャトルバスが運行されていますが、18日より電気バス「尾瀬バス」が導入されました♪

27名乗りの車両には、オコジョや水芭蕉、燧ケ岳など尾瀬の可愛らしいデザインとなっております。

車内では尾瀬のある”群馬県片品村”・”福島県桧枝岐村”・”新潟県魚沼市”と尾瀬のPR動画が流れ、20分の道中車窓と一緒に楽しむことができます!!

御池~沼山峠間に見られる”ブナの原生林”はようやく下の方から芽吹き始めてきました。

登山口はまだ雪が多く残っています。滑って転倒しないよう、しっかりとした装備が必要です。

ボランティアの方々がスコップで階段を作ってくださっていたので、傾斜がある箇所も上り下りしやすくなっていました。

多くの方が行き交うと、一段と滑りやすくなるので油断は禁物です!!

尾瀬沼までの道中は、ほとんど雪に覆われています。

木の枝についているピンクのリボンを確認しつつ、道迷いしないようご注意ください。(足跡だけたどっていると危険です)

峠を越えていよいよ湿原地帯へ!こちらも一面銀世界❆晴れた日は照り返しでとっても眩しいです。

まだこの辺りは水芭蕉も出ていませんでした。

日が当たり雪解けが進んでいるので、道中は踏み抜き注意!!

真っ白な燧ケ岳、3本カラマツと雪のコラボレーションはこの時期ならでは。

尾瀬沼ビジターセンター手前では、水芭蕉が咲き始めています!

センター周辺はまだ雪が多く残っていました。

テラスからの景色!!一面真っ白。

沼尻へ行く道中もまだ雪が多く残っています。

全体通してほぼ雪の上を歩く状況です。通常よりも余裕を見てお越しください!!

 

雪があると一段と空気が澄んでいるようです♪

雪の上を歩き聞こえる雪を踏む音、冷たい雪解け水、雪解け水が流れる音など、尾瀬の春を感じられるこの時期ならではの魅力がありますよ✿

 

【尾瀬⇔魚沼ルート情報】

現在、魚沼から尾瀬へ行くには、国道252号を只見町~桧枝岐村経由で御池まで行くルートになります。

予約制の船とバスで行くルートは6月1日(土)からの運航となりますので、ご注意ください。

 

船とバスは、好評予約受付中!!ちょっぴりお得な「尾瀬パス」の販売も20日から開始となります。

詳しくはこちらをチェック → ◆尾瀬⇔魚沼ルート◆