石川雲蝶生誕200周年記念事業実行委員会

◆「石川雲蝶生誕200周年記念実行委員会」発足 (平成25年7月5日~平成27年3月31日)

 市内二つの寺院に彫物の名工 石川雲蝶の有名な所蔵作品があります。石川雲蝶が平成26年に生誕200周年を迎えるにあたり、平成25年7月 「石川雲蝶生誕200周年記念事業実行委員会」が発足しました。約2か年を通し、多角的な観点で雲蝶像の調査研究を行い、日本を代表する匠としての石川雲蝶を広く市民に周知し、文化的な価値としての理解を深めるとともに、事業を通して交流人口の拡大を図り地域活性化に貢献することを目的とし、市内担当者会議、市外関係者打合せ会を重ね、生誕200周年を盛大に盛り上げるため努めました。

 

207

 

◆記念シンポジウム

 平成26年6月29日(日) 小出郷文化会館大ホールにて、「魚沼の宝!愛される雲蝶の魅力と匠」と題し、石川雲蝶生誕200周年記念シンポジウムを開催しました。「石川雲蝶を柱とした地域活性化への取り組み」と題したパネルディスカッション、個人のお宅にて所蔵されている作品を「限定公開!地域に眠る雲蝶作品展」として特別にお借りし、展示しました。特別講演会として、講師に古美術鑑定家・戸栗美術館理事であります中島誠之助氏をお迎えし「新潟の美術といい仕事」と題し貴重なお話しをいただきました。満員御礼で、作品限定公開共々大盛況となりました。             

 

 

◆広報宣伝事業

 ・石川雲蝶の生誕の地 豊島区雑司ヶ谷~終焉の地 三条市まで12箇所にて、作品の大型パネルをリレーしながら繋いでいく「石川雲蝶作品パネルリレー展」を開催しました。235日 139,676名という、大変CIMG3987

多くの方にご覧いただきました。一般団体様等へ貸出し可能な、石川雲蝶レンタルミニパネルについては、19箇所 389日 67,580名の方にご覧いただきました。

 ・「石川雲蝶だより」を創刊号から第6号まで発行。石川雲蝶に関するお知らせや情報を掲載しました。

 ・「魚沼の宝!石川雲蝶と匠たち 探訪ルートガイド」を作成しました。その他、新聞・ラジオ・テレビなどにてPRしました。

 

CIMG5216

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ガイド連携事業

 雲蝶交流講座を石川雲蝶生誕の地 豊島区雑司ヶ谷にて4回開催しました。奥只見郷ネイチャーガイド、三条雲蝶会様、栃尾観光ボランティアガイドクラブ様を講師に迎え、累計111名という大勢の方にご参加いただきました。

CIMG4586

CIMG3842

 

 

◆市民への啓発事業

公民館講座の際に、石川雲蝶に関するイベント等を周知徹底しました。

 ・伊米ヶ崎公民館にて作品パネル展を開催しました。(平成26年4月30日~5月18日 570名ご来場いただきました。)

 ・「石川雲蝶紙芝居」については、大浦雲蝶会、市内宿泊施設等にて活用していただきました。