国道252号で現地視察が行われました

4月12日に国道252号の現在冬期閉鎖区間の現地視察が行われました!

 

 

この区間は六十里越と呼ばれており、魚沼市大白川と福島県只見町までの24kmを結んでいます。

 

 

実際の六里(約24km)が六十里にも感じられるほど険しいということで六十里と呼ばれるようになったといわれており、冬は雪崩の危険がある為冬期閉鎖となる”豪雪地帯”です❄

 

 

毎年春には、早期開通を目指して除雪作業が行われておりますが、今年も安全に気をつけながら、除雪作業が進んでいました!

 

 

今期からは除雪体制を強化したり、ドローンを使った雪崩予知、施工の検討などがされています。

 

 

今年の再開通もまもなくです!!

ぜひ多くの方の思い・力で再開通する六十里越をドライブしてみませんか?

(例年再開通は4月下旬~5月中旬)

 

また、再開通が決定しましたらお知らせいたします。